アポロンの竪琴

私には

貴女の心を潤し豊かにさせるための

術がありません

心には沢山のメロディが流れているのに

このメロディを奏でる事ができないのです

この旋律を奏でられたならば

この響きを届けられたならば

だから

その代わりに貴女に

短い詩を綴ります

やがてアポロンの持つ竪琴が

木々のさざめきや

川のせせらぎや

小鳥のさえずりで

玲瓏たる旋律を奏で

私のメロディを

貴女の心へと届けてくれることでしょう

私の詩は

私の言葉は

その時

夜空に煌めく星となり

流星の如く

貴女の心に降り注ぐと信じて

いつの日か…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です